歯科でフッ素を塗る

歯科用品で虫歯予防する

おすすめの歯科用品フッ素

歯科医院でフッ素を歯に塗ってもらった経験のある人は多いと思います。フッ素(フッ化物)には、歯の再石灰化を促進したり、酸に強い歯を作ったり、虫歯菌が酸を作り出すのを防いだりと、虫歯を防ぐ為の様々な効果があります。虫歯で痛くて泣いたり、歯科医院で辛い治療をしたりしなくてもすむように、虫歯予防には、日頃からのケアがとても大切です。フッ化物配合の歯磨き粉や洗口液やジェルタイプなどもありますが、小さなお子さんは嗽が難しい場合もあります。そんな時には、スプレータイプもおすすめです。手軽に使うことができるので、旅行先に携帯もできて便利です。

高濃度フッ素による虫歯予防

私たちが普段使用している歯磨き粉の多くにもフッ素は配合されていますが、歯科で使用する物は濃度が非常に高くなっています。そのため一度塗布すれば数カ月は効果を持続することが出来るとされているため、歯石取りを行い歯が清潔な状態になった時に一緒に勧められることも珍しくありません。しかし歯科医院によっては高額な料金になることもあるため、また今度、と断ってしまう人もいるでしょう。その場合はフッ素が配合されている歯磨き粉を毎日使用することでも虫歯予防にはなります。当たり前のことじゃないか、と思うかもしれませんが、濃度が低いからこそ毎日の使用が大切になるのです。

↑PAGE TOP