歯科で受ける予防歯科

歯科で使われるフッ素とは

歯科医院でのフッ素の違い

歯科医院で歯を強くするためにフッ素を塗った経験のある人は多いでしょう。歯質を強化する働きがあるので、継続的に塗ることで虫歯になりにくくする効果があります。市販されている多くの歯磨剤にも含まれていますが、どのような違いがあるのでしょうか。まず、市販の歯磨剤に配合できる濃度というのは、法律によって決められています。歯科医院では、この濃度の10倍のフッ素を扱うことができ、自宅ではできない高濃度のケアが可能です。イオンを導入することで浸透率を高めたり、ジェル状にしてお口の中に長時間とどまる設計になっています。

歯科医院でおおなわれるフッ素

歯科医院では、フッ素を活用することで、歯の質を強化して、虫歯になりにくいお口の状態にしていきます。フッ素は、ジェル状など扱いやすい状態になっていて、歯の表面に塗る他に、液体になることで、うがいとしても使えるようになっています。市販の歯磨き粉にも含まれていますが、歯科医院では歯磨き粉の9倍もの高い濃度を扱うことが出来るので、より高い効果が期待できます。自宅で低濃度の歯磨き粉を使い、高濃度のものを塗ってもらうというのが一番効果的な方法と言えるでしょう。虫歯を予防するために効果のある方法で、子供から大人まで行えます。

↑PAGE TOP