歯科で虫歯予防ケア

歯科使用のフッ素で歯を守る

歯科のフッ素塗布の成分

歯科医院では、虫歯を予防するためにフッ素を塗ります。こうすることで、歯の表面を強化して虫歯になりにくいお口の状態にします。フッ素は単体では存在することができないので、フッ化ナトリウムやモノフルオロリン酸ナトリウムといった、成分として歯科医院で使われています。ジェル状など、歯に塗りやすい形状になることで、お口の中に留まりやすくしています。最近は、フルーツの味になっているなどして、子供でも嫌がらずに塗れる工夫があります。子供から大人までつかうことができることで、虫歯を防いで健康なお口の状態をサポートできます。

歯を強くするフッ素コーティング

虫歯に対して強い歯を作るために、フッ素によるコーティングが重要です。傷がついた歯や隙間が出来た歯を修復し、虫歯の入り込む隙を埋めてくれるのです。 歯磨き粉に含まれているものもあり、日々使用して磨くことで綺麗な歯を保つことができますが、定期的に歯科でのコーティングに通うことで更に歯を丈夫にします。学校、幼稚園でも歯科推奨によるフッ素液を使用したうがいを行うようになりました。 小さな頃から歯磨きと共に習慣付けて行うことで、虫歯のリスクを減らし、永久歯を残すことに繋がります。将来的に自分の歯での食事を楽しむことも出来るでしょう。

↑PAGE TOP